爽快館の健康ブログ

  1. 「加害者」の一人?

     西日本新聞の『食卓の向こう側』、今回の連載は「海と魚と私たち」ということです。多くのみなさんが読んでおられると思います。 今日は「生物濃縮」ということで、海の汚染や食物連鎖の記事でした。

    続きを読む
  2. あれから35年

     昨日は県立高校の卒業式ということで、テレビのニュースや新聞などでも卒業式に関するものを多数見かけました。 私は高校を卒業して35年も経ってしまいました。 先日香椎で、母校の香椎工業高校の制服を着ている生徒たちを見かけました。

    続きを読む
  3. 爽快館の駐車場に放置自転車

     爽快館の駐車場は、隣の家の敷地を好意で貸していただいています。 車が2台分駐車可能になっていて大変助かっております。地主さんに大変感謝しております。この駐車場に自転車が放置されるので困っています。

    続きを読む
  4. 日本人的身体操法

     先日、テレビで放映された『隠し剣 鬼の爪』(山田洋次監督)を見ていて面白い場面を見つけました。 主人公たち侍が、イギリス式の軍隊の行進を練習する時のことです。右足を出した時には左手を大きく振るということを江戸から来た教官に教わるという場面です。ご覧になった方も多いことでしょう。

    続きを読む
  5. 春の博多湾

     幼い頃より、春の博多湾を眺めるのが好きでした。 寒かった冬を通り抜け春がやってくると、博多湾がきらきらと光り輝きます。子供の頃、春になると志賀島につくしやせりを摘みに行きました。4月頃には海が荒れた翌日に天然のわかめが流れ着きます。これを集めて干して食料にしていました。

    続きを読む
  6. 世界がもし1000人の村だったら

     「世界がもし100人の村だったら」は、多くのみなさんがご存知だと思います。 この「世界が・・・」をつくったのはアメリカ人の環境学者ドネラ・メドウズという女性だということです。つくられた当初は「世界がもし1000人の村だったら」ということだった。

    続きを読む
  7. 何故ストレッチを?

     時々、爽快館に武術・武道や格闘技などを学ばれておられる方、指導されておられる方がいらっしゃいます。色々教えられたり教えたりで話が進むこともよくあります。 今も武術を学びに道場へ通いたいという気持ちは有るのですが、なかなか時間がつくれずに中途半端になってしまいます。

    続きを読む
  8. 赤ちゃんの体が硬い?

     この前の西戸崎公民館での「健康講座」の受講者の一人で、赤ちゃん体操の指導をされておられる方に聞いた事ですが・・・。 赤ちゃん体操というのがどんなものか見てないのですが、赤ちゃんの手足をお母さんがゆっくり動かしていくということです。

    続きを読む
  9. 「本当かいな?」

     今日、3度目の施術を受けられた方から聞かせていただいた感想なんですが・・・。 ソフトな施術とは書いてあったが、あまりにも軽く触られる。揉むわけでなし、押すわけでなし「なんじゃこれ!」と思ったそうです。ある程度施術が進むまで、「本当かいな?」と思い続けていたそうです。

    続きを読む
  10. 操体法が何故短時間で

     爽快館の「操体法の講座」で、操体法が何故3時間くらいで身に付くのかと疑問を持つ方も多いですね。他の講座は、月に1回で6ヶ月とかやっておられますからね。 爽快館の講座では、ひとつひとつの症状を取り去る操法を数多く覚えるということではありません。

    続きを読む
旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る