子ども達のこと

  1. 高校野球 投球制限について

    昨年末に新潟県高野連が今年4月の春季大会でのピッチャーの投球数を1試合につき1人100球に制限すると決めました。故障で野球を断念するという選手が多いということです。 それを受ける形で高野連が有識者会議をつくって投手の障害予防の検討が始まるということです。

    続きを読む
  2. 『21世紀の子供たち』

    朝ドラの『べっぴんさん』で1970年の万博に、主人公たちの会社キヤリスが子供のファッションショーを開きました。テーマになったのが『21世紀の子供たち』ということでしたね。 私が高校2年生で、修学旅行で万国博に行ったことを思い出します。

    続きを読む
  3. 自分の責任を自覚せよ!!

     また、中学生の悲しい事件がありました。 親の暴力に耐えかねて児童相談所に相談していたにも関わらず、きちんとした対応がされず自分で生命を絶ってしまった中学生。どんなに辛かったか・・・。 記者会見で児相の所長は、「対応は間違っていなかった」と語ったということです。

    続きを読む
  4. 最高裁判決・・・子供のおこした事故は親の責任? 

     昨日、子供が起こした事故の責任を巡って最高裁の判決がでましたね。 学校で遊んでいてサッカーボールが塀を越え、通行中のバイクに当たり転倒して骨折されたことが原因で寝たきりになり亡くなった。それで、この責任を子供が負えないから親に賠償責任があるということで訴えられた。

    続きを読む
  5. ウァー夏休みじゃん

     小学生が早く変える姿を見て何事か・・・と思いましたら、終業式だったそうですね。我が孫も早く帰ってきて通知表の話などしておりました。 すっかり、もう夏休みということを忘れていて、来週あたりからだろうと思っていたんです。そして、今日は西戸崎神社の祗園祭。

    続きを読む
  6. ふ久はスゴイのだ

     「ふ久」をご存知ですか? そうです! NHKの朝ドラのヒロインの「め以子」の長女です。 このふ久は変わった子でして、子供とはあまり遊ばない、食べたものを美味しいとは言わないしあまり食べない。いつも何を考えているか解らないというような子供です。

    続きを読む
  7. 体罰とは言えない・・・暴力行為だ!

     桜宮高校のなくなった生徒が、お兄さんに相談して教師に手紙を書いたということをニュース番組で知りました。しかし、その手紙を渡すことをバスケット部の仲間から止められたということで教師には渡らなかったそうです。代わりに部長として頑張るという内容の決意文が渡されたそうです。

    続きを読む
  8. よく分からない学校の実態

     教師がちょっと厳しく注意をすれば親が黙っていないので教師は萎縮してしまっている。今の時代は教師は体罰など絶対にできない。そんな話を知人としていました。 ここで、昔の先生方は厳しく悪いことをすれば平手打ちをくらうのは当たり前だったと続くんですが・・・。

    続きを読む
  9. 暴行教師は刑事告訴・・・当然!

     桜宮高校のバスケット部の顧問の教師による体罰問題で、生徒の父親が顧問の教師を23日刑事告訴したということです。 しかし、この教師は程度が低い。生徒を家畜か何かのように「試合で発奮させたかったのでたたいた」そうです。

    続きを読む
  10. 子供は町の宝

     「子供は街の宝」・・・・今朝のNHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」で、梅子の叔父が言った言葉です。そして、「寄ってたかって育てればいいんだ」と続けました。ドラマでの大人と子供たちの関係は何か懐かしさを感じましたね。 あの頃の大人の多くは、みんなそう考えていたのだろうと思います。

    続きを読む
旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る