肩首の不調、頭痛、顎関節症

  1. 肩こりは揉むべきか?

     今日、テレビの『本当は怖い家庭の医学』で肩こりは強く揉んだ方がいいか、弱く揉む方がいいのかというのをやってました。勿論、正解は軽く揉む、揉むよりさすることが勧められるということでした。 でも、肩こりは肩だけの問題ではないことの方が多いですね。

    続きを読む
  2. 五十肩について

     五十肩といわれる腕が上がらなくなり、激痛が走るという症状がありますね。爽快館に来られる方のほとんどは、様々なところへ行きましたという方が多く、痛みが慢性化して動きに制限があるという方がほとんどです。

    続きを読む
  3. 頭痛を訴える中学生

     中学生の女の子が、頭痛で悩まされているということで、お母さんと一緒に見えました。病院にも行ったが問題は無いといわれたそうです。 この子は、どうも姿勢が悪いというか、背中を丸めてあごをしゃくったような感じで座っています。肩や首はゴチゴチに固まっています。クラブ活動で運動はしているということす。

    続きを読む
  4. 頚椎のスラスト

     肩や首の不調の時に、頚椎をボキボキとひねる療法で調子が悪くなったということはよく聞く話です。施術を受けて首が更に固まった感じになることもあります。 こうした療法は、頚椎スラストと言い厚生労働省から禁止されています。

    続きを読む
  5. 顎関節の痛み

     顎関節の不調を訴えて来られた50代女性。 「口が開かないし、開けると痛い。」ということです。骨盤から調整し、肩首の拘縮を取り除きます。それから軽く顎関節を調整です。5グラムの力で下顎を少し引き離すようにします。これで開きやすくなられました。「開くけれどまだ痛みは有ります。

    続きを読む
  6. 急に首が動かなく・・・

     よく、急に首が回らなくなってとか、朝起きたら首が痛くてといって爽快館に来られます。そんな方が、今日もお見えになりました。 ご本人に言わせると、「昨日までなんともなかったんですが急に」となります。これが本当に何事もないところへ急に起こったのかと言えば、そうではないと思います。

    続きを読む
  7. 肩こりから頭痛吐き気

     20代の女性の方ですが、肩こりで頭痛や吐き気がするということです。夜は眠られないそうです。 首から肩がゴチゴチにこっています。当然腰も悪いですね。 まずは骨盤の調整から、左右の動きを比較しながら、動きを正常に戻していきます。

    続きを読む
  8. 顎関節症

     数ヶ月前に腰痛でお見えになった方、「あれからウソの様に腰痛はなくなりまして、今回は息子を連れて行きますので・・」と予約をいただきました。 息子さんは学生さんで腰痛・肩こり・首が回らない・口を開けると音がして開きにくいということでした。全身のゆがみを揺らしながら取ってみると口が開きやすい。

    続きを読む
  9. 子育てと辛い肩こり

     出産後、赤ちゃんを育てるのは大変です。お乳をあたえてオシメを洗って、他の家事もこなしてととにかく疲れます。こうして肩こり、腕の痛み、腰痛でお母さんになったばかりの方がおいでになります。(今日もおいでになりました。

    続きを読む
  10. 肩こりからの頭痛

     肩こりで爽快館にみえられる方で、頭痛を訴える方がかなりおられます。こんな方は、肩が緩んでくると頭痛も解消していきます。肩首のこりが頭痛の原因となっていたということですね。 頭痛がひどく、心配で病院へ行ってみたが異常は無い。こんなときに、「肩・首がこっているから緩めると軽くなりますよ。

    続きを読む
旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る