◎健康法

  1. 『週刊現代』の医療健康特集

     最近週刊誌の記事の内容が大きく変動したというか、週刊朝日もサンダー毎日もポストに週刊現代も全て「死後の手続き」や年金のお得なもらい方などなどばかりが目に付きますね。 以前だと、政治や経済の記事が中心で、政治家の発言や政策批判、あるいは日本や世界の経済の先行きなどが中心だったんではないか・・・。

    続きを読む
  2. 牛乳は飲んでます

     どうも整体院をやっていると玄米菜食を実行し、牛乳などといういうようなものは生ないだろうと思われることが多いいようです。 でも、私は玄米は身体に合わないので食べません。時々、娘や妻が炊く発芽玄米は身体に合いますので食べることもあります。通常は少なめの量の普通の白米のご飯を食べています。

    続きを読む
  3. つま先側着地での歩きの練習してます

     月2回の「健康体操」の日でした。 今日は「操体法の基本運動」や「スワイショウ」「簡単筋トレ」に加えて「つま先側着地による歩きの練習」をしました。  つま先側で着地するのと「正しい歩き方」として伝えられている歩き方をやってみて比べてみました。

    続きを読む
  4. やっぱり食べる量が問題なんです

     本当によく聞かれるのが痩せるツボです。 私は、「そんなもんがあるなら私がポッチャリしているはずないやろ」と叫びたくなるのです ヽ(`Д´)ノ 以前、そんなツボに興味があって耳つぼのセミナーに行ったこともありました。

    続きを読む
  5. 「食べてはいけない『超加工食品』実名リスト」週刊新潮2月7日号

     週刊新潮が、また食品の問題を取り上げています。 先週から特集していたらしいのですが、広告を見落とし買い損ないました (^_^;)今週号に前回の内容を簡単にまとめてありました。 二人に一人がガンになるとか言われる時代です。

    続きを読む
  6. 入浴の温度は

     よく聞かれることに、入浴時の湯温の問題があります。  一時期42度の熱いお湯で10分くらい入って深部体温を38度以上にすると身体に良いということが言われていましたね。 これを私もしばらく試していたんです。

    続きを読む
  7. オススメの本です『100歳まで元気でいるための正しい歩き方』

     このところ爽快館の『健康ブログ』でお伝えしている「つま先側着地」の歩き方ですが、この歩き方を身体の仕組みから説く本が出ています。その本は『100歳まで元気でいるための正しい歩き方』という本です。 身体のつくりからの説明で、大変参考になります。

    続きを読む
  8. スワイショウで身体が柔らかくなる

     爽快館でオススメしているスワイショウですが、これはストレッチをするよりうんと身体が柔軟になるんですよ。

    続きを読む
  9. やっぱり正しい歩き方はおかしい

     「正しい歩き方」と言われる大股で胸を張り、手を大きく振ってカカトから着地するという歩き方を来院いただいた方5人にやってもらったら、全員前屈がやりにくくなりました。次に足の指の付け根をつけるつもりで歩いてもらうと全員前屈がやりやすくなります。

    続きを読む
  10. 便利な言葉・・好転反応

     先日来院された方と話をしていると、「これまでいろいろな整体院・整骨院・針灸などに通ったのですが、よく言われた言葉が好転反応でした」ということです。 「ウ~ン、そうか・・・・便利な言葉だな」と思いました。

    続きを読む
旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る