◎セミナー関連

  1. リハビリ関連の職業の方が驚かれます

    最近理学療法士さんや作業療法士さん、助産師さんが施術を受けに来られて、爽快館の施術で痛みが解消しセミナーを受けられるということが多くなりました。爽快館のテクナックは、リハビリなどに応用できるし更に発展させることができると思います。

    続きを読む
  2. 明日のセミナーの準備しました

    明日は夕方から作業療法士さんのセミナーです。第3課ということで、反射療法や経絡療法をお伝えします。プリンターも復活しテキストも無事印刷できました。

    続きを読む
  3. プリンターが動かん (*_*;

    セミナーの準備で、テキストなどコピーしようと思ったらプリンターが使えない。先日からインクが切れたというお報せが表示されていたのでインク交換。「純正品でないインクを使うと・・・」の表示が出てインク切れの表示が出たままでした。

    続きを読む
  4. 体操続けてました

    腕が上がらないということで来院された方がおられます。この方は高い棚に品物を乗せるような仕事をされています。痛い腕を無理してあがるということで施術後にまた上がらなくなるし痛みが出ていました。それで、重心の移動が正常にできるようにといくつかの簡単体操をお伝えしました。

    続きを読む
  5. 揺らし方を一工夫しています

    爽快館の施術は揺らしながら筋肉を緩めていくことが中心となっています。長い期間をかけて工夫して改良してと少しづつ変化してきました。また、いくつかの身体における法則を利用してさらに改善しやすくしています。まだ完全ではありませんが以前よりうんと痛みが改善しています。

    続きを読む
  6. 作業療法士さんのセミナーで更新せずに m(_ _)m

    昨日は作業療法士さんが揺身整のセミナー受講で来院されました。午後から施術をやって終わってセミナーとバタバタでした(汗)・・・ということでブログ更新をお休みしました。セミナーは順調で、先月の操体法も使ってみて理解が深まっています。今月の爽快館的「ゆらし」のテクニックが気に入られてます。

    続きを読む
  7. 身体の動きと体重の移動

    身体を側屈させる時には自然と両足への体重が曲げる方の反対の足にかかります。そうです伸びる方にかかりますね。これがやりやすい動き方ですね。天に向けて手をあげるときは揚げたての方に体重がかかりますね。さっきの側屈と同じ体側が伸びる方です。後ろの身体を回すときには、回す方の足に体重がかかると楽に回ります。

    続きを読む
  8. 久しぶりの操体法のセミナーでした

    今日は久しぶりの操体法のセミナーをやりました。みんなで集まってのセミナーや復習会ができませんので個別に行うようにしています。今日は作業療法士さんが勉強したいということでのセミナーでした。全課程受けたいということですから楽しみです。

    続きを読む
  9. 強い押圧で圧迫骨折という驚きの話(爽快館ではないですよ)

    今日、爽快館に来られたある営業の方から聞いた話です。お母さまが整骨院で強い押圧の施術を受けて強い腰痛が出たそうです。腰痛の原因は押圧による圧迫骨折だということです。そのお母様は90代だということです。いつも強く押されていたということですが、いつ骨折を起こしてもおかしくないような状況です。

    続きを読む
  10. どんどん練習し考えていくことが上達のコツ(セミナー受講)

    爽快館の手技療法セミナーにご夫婦で参加していただいている方が、二人とも無事全課程修了されました(拍手)。奥様は、助産師さんで妊婦の腰痛の解消を中心に施術をしたいということです。ご自分の体験や助産師の仕事からの決意ですね。二人でどんどん練習していくことが大切ですね。

    続きを読む
旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る