ブログ

顎関節症の予防

 先日、久留米での気功教室で一緒に勉強している歯科の先生に教わったことです。
 みなさん、日常生活で口を閉じている時、歯はくっついていますか。変な質問ですが奥歯の臼の部分をいつも接触させているのかということです。
 顎関節症の方はくっついているのが普通ということです。歯をくっつけているだけという風に思えるんですが、これがかなり力が入っているようです。その上に噛み癖があって、左右のどちらかに常時力が入っている。顎関節が休まることはない・・・ということで顎関節症が発症するということです。
 この話を先週木曜日に聞いて、歯を接触させないようにしました。少しだけ歯と歯の間を空けておくようにしたんです。すると、舌が上顎にきちんとくっついて楽なんです。そして唾液がよく出る。私は噛み癖で右をかみ締めている状態で生活していたみたいです。続けてきたら首や肩が楽になっているんです。
 今日試しに歯をくっつけてみると、これが普通にしているつもりでもかなりの力が入っていることが分かります。顎の歪みで体が歪むということが分かりますね。歯をくっつけるだけで首の動きが変わります。
 これは是非お勧めしたい健康法です。まず試しにやってみてくださいね。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る