ブログ

母の容態

 皆様方に大変ご心配をおかけしています。
 母の容態ですが、肺はレントゲン撮影の画像を見ると白く写ります。まだ肺炎が治らず胸水も完全に抜けていないということです。
 胸を切り開いて誤って刺したカテーテルを抜いた手術の傷も大分治ってきたのと人工呼吸器を抜いたのとで大分呼吸は楽になってきたようです。
 意識は戻りましたが、声がでないし嚥下する力も無いのでリハビリが必要になっています。
 肺炎の状態がどうなるか不安ですが、容態が激変し命に関わることが起きるという可能性はグッと減ったようです。
 ほぼ毎日、病院へ行って医師の病状の報告を聞いています。それからしばらく母に語りかけています。家族みんなで時間差を設けて母の様子を見に行って身体に触り、話しかけて刺激を与え認知症にならないように努めています。
 今後、早く肺炎が感知することを期待し看病をしていきたいと思っています。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る