ブログ

東電の清水社長が被災地に

  昨日、夜のニュース番組を見ていたら、東京電力の清水社長が被災地を訪れ、避難所を回り福島県知事と会ったということです。
 当然、避難所では「来るのが遅い」「生活を何とかしてくれ」「子供たちが可愛そう」など様々な切実な訴えが投げかけられました。「避難所で一ヶ月でも生活してみろ」という声もあがりました。福島県知事は「再開はありえない」と主張されました。
 本当に、怒りが湧いてきます。安全神話を作り上げてきて、想定外だけでは済まされない。また、これまで原発を推進してきた過去の政府の責任者や官僚などはどうしてくれるのか。各地の原発訴訟で原発安全の判決を出してきた裁判官たちは問題はないのか。疑問がふつふつと湧いてきます。
 いまは、まず早く避難民の方々への対応をと思っていましたが、清水社長が正座して謝罪するだけです。みなさんの生活をどう保障するのかハッキリさせてほしいですね。「申し訳ありません。頑張りますから」とおっしゃいますが、何をがんばるのでしょうか?
 聞くところによると、この事故で九州の私たちも電力料金が上がるとか。料金を上げれば済むでは済ましたくないですよね!
  これからの、電力の確保を原発に頼らない方向でどうするか・・・真剣に論議すべきだと思います。原発は、いかに金がかかるか、環境を破壊し国民を不幸にしていくかがわかってきました。
 玄海原発は大丈夫なんですか?
整体の爽快館のホームページ http://www.sookaikan.com/

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る