ブログ

新型コロナウィルスの消毒

昨日のニュースで次亜塩素酸水での消毒の有効性が確認されたということを伝えていました。

モノについたウィルスの消毒に使えるということです。ただ一定の濃度以上でモノに付着した油分を取り除くなどの処置をした後に使うことが必要だということです。これは手指の消毒などには向かないということです。それと、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)も利用できますが、これは少々臭いが・・・

手指は石鹸での洗浄やアルコールでの消毒が効果があるということです。

やはり、アルコールでの消毒が便利で使いやすいですよね。アルコールや石鹸を使われることをお勧めします。洗剤も有効だといいますが、種類によるようです。

いろいろな消毒可能なものがわかり始めましたが、商品によっての濃度の問題などで効果が薄れたりということもあります。爽快館では、手指用のアルコールとか消毒用のアルコールという表示があるものを使っております。在庫が切れないようにしていきたいと思っています。

 

*次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは別物です。ご注意ください!!!

次亜塩素酸水は食品添加物として使われているとか言われていますが、食品の完成前に完全に除去しなければならないとなっています。食品の添加物に使われているので安全は根拠あいまい。塩化ナトリウム水溶液(食塩水)などを分解して作られています。この有効性が確認されたというのが昨日のニュースで流れたものです。

使うときに酸性洗剤と混ぜない。金属の容器はさびる可能性あり。使用期限があり、時間とともに濃度低減。紫外線による分解が起こるので遮光性の容器に入れる、などの注意が必要です。

次亜塩素酸ナトリウム液はハイターを希釈して作ります。これは、ノロウィルスやコロナウィルスの消毒に使われています。食器や手すり、ドアノブなどの消毒に利用されています。酸性タイプのものに混ぜれば有毒ガスが出ます。手指の消毒や人体の消毒には使えません。つくり方使い方は商品の説明書きを参考にしてください。

部屋の除菌に次亜塩素水や次亜塩素酸ナトリウムの噴霧は厳禁ですよ。呼吸器などを傷めるなど大変危険ですので絶対にやらないように!!! 部屋の除菌は換気が効果があります。充分な換気が大切ですね。

今日の『健康ブログ』と『爽快さんがゆく』は同じ記事です。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る