ブログ

寒い季節はヒートショックにご注意を

 今日は風が冷たいですね (´・ω・`)サムッ
 この季節になると、毎年繰り返しブログで注意を呼びかけて続けているのがヒートショックです。
 なにせ毎年14000人くらいの方がお風呂で亡くなっている、その多くがヒートショックである可能性が大きいということですから。
 
 冬のお風呂やトイレは冷えている家庭が多いと思われます。暖かい部屋から、冷えたお風呂やトイレに移動するとブルブルっときますよね。その急激な温度変化で熱を奪われまいと血管が収縮します。血管が収縮すれば血圧が上がります。そして湯船に入れば血管が広がって血圧が急激に下がります。この血圧の変動が心臓や脳の血管に負担をかけるんです。それで、心筋梗塞や脳卒中が起こる危険性があるということですね。

 ヒートショックは、ちょっとした注意で防げるものです。
 まず、脱衣室や浴室を温めておくことが大切です。脱衣室があまりにも寒いという時はヒーターなどを入れましょう。浴槽にお湯を入れるときにシャワーを利用すれば浴室の温度を上げられます。
 入浴する温度は40度以下にして長湯はしない(10分程度に)。入浴前のかけ湯を手足から全身にと十分に行ってください。
 大切なことはお風呂を温めておくことと、お風呂に入るときには身体を温めて入るということですね。
 
 高齢者が入浴する場合は、入浴されることを確認し、長い時には声をかけてくださいね。

 お風呂は寝る前1~2時間前に入るのがオススメです。
 寝る直前だと布団に入って身体に熱がこもり、これに反応して身体を冷やそうとしはじめて身体が冷えてしまいます。汗が引いてから布団に入るように (^O^)

今日の『爽快さんがゆく』は「体重移動と肩甲骨操作で突きが変わる」です
 
 

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る