ブログ

夏風邪にご用心

 私も夏風邪をこじらせて大変でした。
 一般に夏風邪は治りにくいと言われていますよね。それは、冬の風邪とウィルスが違っているからです。
 風邪の症状を引き起こすウィルスは200種類以上存在しているといいます。そのうちの夏に活動するウィルスが夏風邪を引き起こすというわけです。その特徴は、高温多湿を好むことだと言われています。そして、冬の風邪ウィルスはクシャミや咳での飛沫感染ですが、夏風邪は経口感染です。症状で多いのが喉の痛みや下痢などの腸の不調です。
 
 これらの特徴から予防法として、湿気が高い環境で繁殖しやすいウィルスですから湿気を取り除くことが大切です。特に睡眠中の汗で布団が湿気るなどということがないように除湿シートの活用などオススメです。それと、タオルなどは強要しないことも大切です。

 外出から帰るとうがい、手洗い、はお忘れなく。それと、夏風邪のウィルスは目から入り込むことがあるということで、どんな目薬でもいいそうですから点眼がおすすめということです。ウィルスを洗い流せば良いということです。
 水分を十分にとること、睡眠不足にならないようにする。睡眠が不足したと思えば昼寝で補うこと。
 エアコンでの冷えを防ぐことも大切です。冷える職場では長袖を着込んだりで冷え過ぎを予防してくださいね。

 食事は、免疫力を高めるニンニクやショウガを使った料理は体力の維持が期待できます。
 食欲がないときなどは、チーズやヨーグルトで動物性タンパク質をとります。乳製品のタンパク質は免疫を活性化するそうです。

 夏風邪は引いてしまったらさまざまな不調が長引いてしまいます。
 風邪を引く前の予防は難しくはありませんので是非実行してください。私も、今後に備えて実行していきます (*^^)v

今日の『爽快さんがゆく』は「ツバメ ふた組み目のすだちです」です

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る