ブログ

坐骨神経痛

 よく病院で坐骨神経痛といわれたと言う方が見えます。腰から臀部が張ったような感じです。膝下やふくらはぎ付近にも張りを感じます。私もこのような状態を経験したことがあります。
 腰痛で、膝から下の凝り固まりなどを感じると病院へ行ってみたら、坐骨神経痛ですと病名を告げられたということが多いですね。神経痛は治らないなど色々言われますが、原因が分かれば対策が立ちます。椎間板ヘルニアでも坐骨神経痛の症状が出ますが、これについては後日お話しましょう。
 レントゲン検査などで、椎間板ヘルニアではないということが分かった。「坐骨神経痛ですね。」と医師に言われたというときの問題です。
 こんな時の原因は何か・・・?
 このような時はお尻の梨状筋がこっていることが多いんです。坐骨神経がお尻を通って脚のほうにのびています。これを臀部にある梨状筋が凝り固まって坐骨神経を刺激する為に起こります。長時間座り続ける方に多いようです。
 この様な症状は、臀部の筋肉(特に梨状筋)を緩めることで不快感が消えていきます。お尻を緩めるということで、力任せに押したり叩いたりは筋肉は緩みませんし、悪化する恐れがあります。
 爽快館では、操体法や筋反射療法、オステオパシーのカウンター・ストレインなどで快く臀部を緩めます。安全な上に快く緩みます。。それで、腰から下がスーっと楽になります。初回でかなり楽になることを実感していただけると思います。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る