ブログ

ラジオ体操を何とかしよう

「ラジオ体操を健康のために始めました」と来院者の方から言われて、ギクッとすることがあります。

ラジオ体操は高齢者には不向きだと週刊誌も以前取り上げていました。ジャンプなどが膝に負担をかけるなどの問題点が指摘されていたんです。それに加えて、私が問題にするのが勢いをつけるということと、体重の移動で身体を動かすという発想がないことです。

しかし、ラジオ体操は国民的な健康法となってしまっていますよね。私も長年してなくても順番通りに動けますもんね・・・ということで、操体法的に動くようにしていただいたらいいのではないかと思っています。

実は、この試みをした先生がいました。操体法の解説書で発表されていたんです。このとき私はなかなかいいアイデアだと思ったんですが、操体法開発者の橋本敬三先生はラジオ体操問題でNHKともめたという経緯があります。それで、この先生が『月刊 手技療法』で、出版社から無理強いされたというようなことを書かれていました。

(私からすれば、この先生がストレッチと操体法の共存ということを書かれたことの方が問題だと思っとるんですが、田舎の施術者が余計なことをいうのはやめましょうね。)

そういうことで、ラジオ体操を利用して操体法を活かした健康法を提案していこうかと思います。まあ、今年中には出来上がるかと思いますのでお待ちくださいね。また、爽快館利用者さまにはお伝えしていこうと思っとります。

今日の『爽快さんがゆく』は「池袋暴走死傷事故で思うこと」です

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る