ブログ

ペットからの感染

 先日、野良猫から手を噛まれたために手が使いにくく肩こりがひどくなったという方が来院されました。
 こういうこと、あるんですよね。私も今は亡きナナちゃんに噛まれて手が腫れあがり点滴したりで大変なことがありました。猫や犬などのペットもたくさんの細菌を持っています。これに感染すると大変なことが起こることもあるんです。
 たまたま、見つけた今朝の朝日新聞の記事ですが、猫からの細菌感染での死亡されたという事件が掲載されていました。
 2016年に福岡県の女性コリネバクテリウム・ウルセランス菌の感染で亡くなっていたということが今年わかったということです。猫からの感染だと見られるそうです。
 ペットの口の中には、人間に病気を起こす菌がいろいろいます。噛まれるだけでなく口の周りを舐められるだけでも感染することがあるそうです。
 記事によると、獣医師の荒島康友・日本大学医学部助教は、猫を飼う女性を月1回14ヶ月間モニターした結果、起床後の女性の粘膜に7回猫の口にあったものと同じ遺伝子型のパスツレラ菌が見つかったそうです。猫が夜寝ている間に口の周りを舐めている事が映像で確認されたということで、猫は寝室に入れないか、マスクをして寝る必要があるということです。
 他にもオーム病なども高熱が出て大変です。どうか、ペットを飼われておられる方は気をつけてくださいね。

今日の『爽快さんがゆく』は「電気料金はお安くなりません・・・もう電話しないでヽ(`Д´)ノ」です。
「勝手に電話してきていろいろ言うな」と怒鳴りたくなりますヽ(`Д´)ノ

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る