ブログ

ハチドリのひとしずく

 前から読んでみたいと思っていた「ハチドリのひとしずくーいま、私にできることー」監修・辻信一(光文社刊)を本屋で見つけ買ってきました。
 このお話、テレビなどでも取り上げられていますので、皆さんご存知でしょ。本当に短いお話です。
「森が燃えていました。
 森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
 でもクリキンディという名の ハチドリだけは いったりきたり
  くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは 火の上におとしていきます
 動物たちがそれを見て『そんなことして いったい何になるんだ』
  といって笑います
 クリキンディは こう答えました
 『私は、私にできることをしているだけ』」
 本当に短いお話です。南アメリカのの先住民に伝わるお話です。
 「短いけど考えること多し!」ですね。
 いま、地球は燃えようとしているのでは・・・。
 温暖化・オゾンホール・・孫の亜季や凌矢たちの生きる地球は大丈夫か?
 世界中で、戦争で逃げ惑う子ども達や、飢餓で亡くなる子ども達・・。
 平和を誓った日本は平和を発信し続けられるか・・。
 でも、この本の後半には様々な「ハチドリたち」の声が「私は、私にできることをしている。」と気負わず明るくのびのびと響いています!!
 最後に温暖化する地球を冷やす生活のヒントが。
 ハチドリは一羽・・・ではありません。皆が一羽のハチドリと思っているだけかも知れません。世界中にハチドリだらけ、それも、火を消そうと呼びかけ飛び回るハチドリたちが!!
 「物語の続きを描くのはあなたです。」と本文で訴えています。
 これに応えて描かれてい枝広淳子さんは、こんな続きを描かれてます。
「森が燃えているのを見たハチドリは仲間を増やそうと思いました。
 『それぞれが1羽ずつ仲間を増やすように伝えて!』
 2回伝わると4羽が、3回伝わると8羽が、
 10回伝わると1024羽が、20回伝わると100万羽以上が、そして 40回伝わると1兆羽以上のハチドリがやってきて、あっという間に火事 を消してしまいましたとさ。」
 
 私も火を消すハチドリになって、「子や孫達に豊かな地球を・・・・」と
「私にできること」をやっていきたいです。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る