ブログ

もっと爽快館のテクニックが拡がれば

 フィトネスジムや、公共の体育館、公民館などで様々な健康になるための運動を指導されておられる方が爽快館に施術を受けに来院されます。また、病院でリハビリなどを指導されておられる方々も来られます。
 問診票に記載された職業を見て、「ストレッチやってるでしょ?」と問うと、みんな自慢げに「充分やっています」と返ってきます。そこで、何故やるか、どんな効果があるのかを問うのです。そこで、わたしは「おっしゃるような効果があれば腰痛が起こるのですか?」と切り替えします。これで、みなさん疑問が湧いてくるんです。健康に良いと学んだものだが、ちょっと違うのでないか?
 ストレッチで伸ばしてみても痛みは止まらない。逆に筋肉を縮めたら痛みが取れ可動域が拡大する・・・簡単な実験で納得していただけます。そこで、みなさん爽快館の施術に興味を持って受けていただけるし、考えていただけるのです。
 こうして、爽快館のセミナーなど受けていただき、理解していただける方も少なからずおられます。でも、職場では使えない・・・。上司がストレッチの指導をしなさいということになれば、職務命令ですから従わざるをえない。
 もう少し、私たちの考え方が健康関連業界に受け入れてもらえなければ、爽快館で学んだ方々が実際に職場で使えないし、不健康な健康法を実践させられてなかなか痛みが取れない、体の柔軟性が増さないなどという方々を減らすことが出来ませんね。
 これまで学んだ方々の声も聞きながら対策を考えて行きたいと思います。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る