ブログ

もうすぐ巣立ちです

 爽快館の隣の自宅の玄関灯の下に、ここ数年ツバメが巣を掛けています。材質がプラスティクのものに巣を掛けようとするので、なかなか土がつかずに困っていたので板を当ててみました。それからは土も落ちにくく上手に巣を作りました。毎年古い巣を修理しながらツバメが子育てをしています。玄関灯がみっともないし、はげかけたペンキも塗りなおしたいのですがツバメの巣は壊したくないですね。
 今年は、一組目のカップルが卵を温め始めたころ、カラスがやってきて巣を壊し卵を食べてしまいました。ツバメの夫婦が飛んで出たわずかな時間の出来事だったようです。半分くらいの巣の土が落ちていました。ツバメのただならぬ鳴き声で私も気づき、カラスをなじりました。しかしカラスも生きていかねばと懸命なのでしょう。興奮したツバメがカラスを追いまわしていました。その後数日、ツバメは悲しそうに巣を見に来ていました。
 しばらくして巣の補修をするカップルの姿が。前のカップルかどうかは分かりませんが、巣は補強され丈夫なものになっています。私もツバメに協力し、カラスが嫌いな黄色の紙を細く切ってぶら下げてみました。カラスが近くまで来てますがまだ巣は壊されていません。
 いま四羽の子ツバメの毛も生えそろい、巣から大きく伸びだして、親鳥がえさを運ぶのを待っています。
 巣を飛び出そうと子ツバメが身を乗り出すとき、親鳥が励ますように鳴きながら子ツバメを見つめる姿はほほえましい。何故か私まで励まされます。今年ももうじき巣立ちです。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る