ブログ

こたつで起こる腰痛

 こたつに入っていたら出たときに「アイタ・・・」ということがありませんか?

 昔の掘りこたつと違って、こたつで暖をとるときには脚を投げ出したりアグラで座ったりということが一般的になっています。この時の膝関節と股関節の位置関係を観てください。股関節より膝関節が高い位置にあるでしょ・・・この状態は腰の骨と骨盤が丸まって負担が大きくなる姿勢なんです。

 以前もお伝えしましたが、人の身体は股関節より膝関節が高い位置にきたら腰が丸まり痛みが出るようにできているんです。では、どうすればよいかですが、お尻の下に座布団を二つ折りにして敷くんです。すると股関節の位置が高くなり腰と背が伸びますよね。

 楽に座れるでしょ!!!

 これで、腰痛を防いでくださいね。

 

 早いものでもう師走・・・・

 今年の疲れや痛みは早めに爽快館で解消して元気なお正月をお迎えください。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る