ブログ

がばいばあちゃん

 『佐賀のがばいばあちゃん』『がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい』島田洋七著を読んでみました。何故か懐かしさで心がいっぱいになり、あの当時の人はみんな好かったと思いました。本当は、人間みんな好い人だけど、いい人ではいきにくいのかな?とも思うことがあります。
 私が幼いころは、みんな貧しかったんです。地域のみんなや家族が協力し合わなければ生きられなかったんですね。そんな時代の洋七さんのお話。
 がばいばあちゃんは、学校の掃除婦をやりながら、こどもを育て孫の洋七さんを育て上げた。本当に逞しい人だったんですね。夕食もない日があったと言う暮らし。がばいばあちゃんは、顔で笑って心で泣いていたかもしれません。そんなばあちゃんの人生哲学が学べる本でした。笑いながら、泣きながら学ばせていただきました。
 厳しい生活の中で考えたこと学んだことこそ、人生の宝物のような気がします。机上で考えた人生哲学ではここまで人をひきつけないような気がします。(外国まで翻訳書がでまわっているとか・・・。)
 皆さん読まれたかも知れませんが、読まれてない方は是非読んでください。昭和20年代前半の生まれの方は、当時の人間のよさを思い出されることと思います。無駄な競争をやめ協力仕合ながら生きてみたいですね。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る