ブログ

「あかり」の子猫が

 我が家の前で餌を食べて生活する親子の猫のことですが、雌猫の「あかり」が子猫を生みました。孫によると5匹確認したそうです。これは、古株の雄猫タマの子供達です。
 5匹も生まれたことは、わたしにとってかなりのショックです!
 今でさえ、近所がきにかかるのに・・・今後どうなることか。生き物を飢えさせたくないので餌を与えていたら子猫たちがふえていく。これは、わたしにとって嬉しいことですが、猫が嫌いな人にとってはうるさいでしょうし、糞を庭でされたら嫌だろうし。
 でも、猫は可愛いし生き物を大切にすることは当たり前だとおもっているんですが。
 今後子猫がふえないように避妊手術はしなければならないと家の者と話しています。
 わたしの家の周囲で猫を捨てることが原因だと思いますが、餌を与えることで猫を定着させてしまったのです。
 去年生まれたあかりの子供たちは我が家の与える餌を食べてしか生きてゆけないようです。この頃は安い餌は食べずに残しています。
 もうすぐ5匹が餌を食べにきたらかなりの出費ですし・・・。餌をやらなければ更に近所に迷惑をかけるでしょうね。
 まずは、避妊手術を受けさせましょう。捕まえて病院へつれた行くのが大変ですが・・・。

関連記事

旧ブログ

ブログカテゴリー

ブログ
メルマガ
FB
ラジオ

医療関係者からも
ご推薦をいただいています

別府外科医院
別府宗茂先生(整形外科医)
福岡市中央区平尾2丁目3-14
TEL:092-531-3502
病院ナビはこちら→

柴田歯科医院
柴田毅先生(歯科医)
〒834-0004
福岡県八女市納楚415-1
TEL:0943-24-3400
病院ナビはこちら→

香りの森 ティンカーベル
林真希子先生(アロマセラピスト)
〒815-0082
福岡市南区大楠3-22-17 302号
ページ上部へ戻る